IT技術に関する情報掲載サイト

プログラミングに関することを掲載します。

Macでのプログラミングの際に覚え時と便利なショートカットキー

Macの環境でVSCodeなどでプログラミングをする際に、矢印キーやタッチパネルを使うとどうしてもリズムが崩れて、最悪やる気が無くなってしまうときがあるけれども、それをcontrolキーを使ってやれる方法があるようなので、忘れないようにメモしときます。

 

キー 内容 備考
control + P 1 行上に移動 ↑キー
control + F 1 文字分進む →キー
control + N 1 行下に移動 ↓キー
control + B 1 文字分戻る ←キー
control + H 左側にある文字を削除 windowsのDeleteキー
control + D 右側にある文字を削除 windowsのBackspaceキー
control + A 行または段落の先頭に移動  
control + E 行または段落の末尾に移動  

 

<参考サイト>

qiita.com

ssh接続でsign_and_send_pubkey: no mutual signature supportedとエラーが出たときの対応方法

MacSSHであるサーバに接続しようとしたら、以下のエラーがでました。

sign_and_send_pubkey: no mutual signature supported

対応方法は、.ssh/configの対象のホストに

PubkeyAcceptedKeyTypes=+ssh-rsa

HostKeyAlgorithms=+ssh-rsa

を追加するとなおる。sshクライアントがデフォルトでRSAをサポートしなくなったためだそうです。意外とわすれることなので、メモしときます。

 

composer installをやった際に、以下のエラーがでました。

 

PHP Deprecated:  Return type of Symfony\Component\Console\Helper\HelperSet::getIterator() should either be compatible with IteratorAggregate::getIterator(): Traversable, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice in phar:///usr/local/bin/composer/vendor/symfony/console/Helper/HelperSet.php on line 113

PHP Stack trace:

PHP   1. {main}() /usr/local/bin/composer:0

PHP   2. require() /usr/local/bin/composer:24

PHP   3. Composer\Console\Application->__construct() phar:///usr/local/bin/composer/bin/composer:42

PHP   4. Symfony\Component\Console\Application->__construct($name = 'Composer', $version = '1.0.0') phar:///usr/local/bin/composer/src/Composer/Console/Application.php:85

PHP   5. Symfony\Component\Console\Application->getDefaultHelperSet() phar:///usr/local/bin/composer/vendor/symfony/console/Application.php:87

PHP   6. Composer\Autoload\ClassLoader->loadClass($class = 'Symfony\\Component\\Console\\Helper\\HelperSet') phar:///usr/local/bin/composer/vendor/symfony/console/Application.php:931

PHP   7. Composer\Autoload\includeFile($file = 'phar:///usr/local/bin/composer/vendor/symfony/console/Helper/HelperSet.php') phar:///usr/local/bin/composer/vendor/composer/ClassLoader.php:301

PHP   8. include() phar:///usr/local/bin/composer/vendor/composer/ClassLoader.php:412

 

Deprecated: Return type of Symfony\Component\Console\Helper\HelperSet::getIterator() should either be compatible with IteratorAggregate::getIterator(): Traversable, or the #[\ReturnTypeWillChange] attribute should be used to temporarily suppress the notice in phar:///usr/local/bin/composer/vendor/symfony/console/Helper/HelperSet.php on line 113

 

エラーだけをみるとなんのエラーかわからないですが、しらべてみると、composerのバージョンが低いから出たエラーだそうです。

従いまして、composerをアップデートして再実行したら、なおりました。

 

composer self-update

 

簡単に静的サイトが作れるGolangのフレームワーク HUGOをインストールしてみました

golangを使ったフレームワークを探してたら、HUGOというものを見つけました。

gohugo.io

 

HUGOは、静的なWebサイトを構築する静的サイトジェネレータのひとつです。マークダウンでコンテンツを管理をするそうです。

 

インストール手順は、こちらから。

gohugo.io

 

クイックスタートの仕方は、こちらからです。

gohugo.io

 

また、テンプレートも結構あってデザインが苦手な人でも、使えそうです。

themes.gohugo.io

mysqlでGPGエラーが発生した際の対応方法

Docker環境で、GPGエラーが発生した発生した際の対応方法についてメモしときます。

今回の場合は、MySQLのパッケージリポジトリ関連を無効にするとうまくいきました。

対応方法は、

Dockerfileに

RUN mv /etc/apt/sources.list.d/mysql.list /etc/apt/sources.list.d/mysql.list.disabled:

をapt-get updateの前に実行するとうまくいきました。

Cloud Next2024で発表されたGemini Code Assisに関して

この前、Cloud Next2024が行われて、Cloud Next2024の特設サイトがあったので、読んでみた。

blog.google

やっぱり世の中、生成AIに関する話題が多いので、Geminiについて書かれている記事があったので、読んでみた。

cloud.google.com

 

その中で、Gemini Code Assistに関しての内容がありました。GitHub Copilotを使っていたので、Gemini Code Assistのことは、まったく知らなかったのですが、GitHub Copilotと同じようにプログラミングする際のサポートをAIをつかってやってくれるそうです。VScodeもサポートしてくれて、1ユーザあたり月額$19だそうです。

cloud.google.com

 

正直、Gemini Code Assistを使ったことがないので、どのような点がよくなったかまではわからないけど、記事では、Gemini Code Assistを使って業務効率が30%も上がったと書いているので、導入を検討してみようかと思いました!

 

DockerでLaravelを構築する際の設定について

dockerでlaravelを作る際のDockerfileの設定のサンプルです。

aptでpdoとかcomposerをインストールしといたほうがいいのでその設定となります。もし、ほかにも追加しといたほうがいいものがあったら、随時追加してみてください。

 

FROM php:8.2.10-apache

RUN apt update \
        && apt install -y \
            g++ \
            libicu-dev \
            libpq-dev \
            libzip-dev \
            zip \
            zlib1g-dev \
            npm \
            nodejs \
            vim \
        && docker-php-ext-install \
            intl \
            opcache \
            pdo 

#composerインストール

WORKDIR /var/www/html

RUN curl -sS https://getcomposer.org/installer | php -- --install-dir=/usr/local/bin --filename=composer

あとは、apache設定ファイルも。これも外部ファイルにしといたほうがメンテナンスが便利だろうから。

<VirtualHost *:80>
  ServerName test
  DocumentRoot /var/www/html/public

  <Directory /var/www/html>
      AllowOverride All
  </Directory>
  ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
  CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
</VirtualHost>

 

laravel sailでもいいけど、いろいろ修正したい場合は、こっちをつかってみてください。